飲みに行ってからヘルス行くより一緒になってるピンサロを体験してみよう

性風俗店の料金は年々下がってきています。そしてどんどん新しいサービスが出てきてます。とは言ってもやはりソープ、ヘルス、デリヘルが人気があってこの3つの低料金化はお客にとってはありがたいことです。  そんな中で絶滅するのではないだろうかと思われていた、ピンサロが意外にも生き残ってます。  店の数自体はかなり減ってますが、昔から安さが売りのような所があるので、最近の低料金化の流れでも何の問題もないのです。  若い人はピンサロ未経験者が多いと思います。風俗イコール個室で女の子と2人きりであれやこれやするイメージがありますが、ソープやヘルスと違ってピンサロは、大きなフロアにテーブルとソファーが喫茶店やファミレスみたいな感じで置いてあります。勿論、雰囲気は全然違いますが、ここにお客が座ってそれぞれの席で主に手か口を使ったサービスを受けるのです。  殆どの場合、おしぼりで男性のアレを拭いただけでコトが始まるので、衛生面を気にする人には向かないかもしれませんが、お手軽で低料金なのと飲食店風なだけでなく、ちゃんとドリンクの注文も出来ることもあって好きな人には堪らない風俗です。  女性が裸にならないことが却って良いと感じる人もいます。勿論、店によっては、全裸かそれに近い恰好でサービスをしてくれる店もあります。  飲みに行くことがピンサロに行くことになっている人が、昔は結構居ました。キャバクラに行ってからヘルスかデリヘルというのを一箇所で済ませるのが、ピンサロ流です。  他の風俗に押されて数を減らしてきてますが、そんな中で現在生き残っているのは良い店だからだと言えます。だけど、絶滅寸前のピンサロでも騙しやボッタクリ店は存在するので呼び込みにホイホイ付いて行くのは考えものです。  行ったことが無い人は、試しに1回行ってみる事をオススメします。そんなに高い遊びでもないので、話のネタに行ってみて気に入ればOK、ダメだったらそれっきりで何の問題もないと思います。