風俗で働く時、真の友人が分かる

友達を欲する人達への回答として一昔前までなら、友達の作り方のアドバイスをするのが普通だった。だが最近は、友達など無理して作る必要は無い。いなくても困ることなど無いのだから、という意見が主流とまでは言えないにせよ、それなりの模範解答になってきている。 実際、友達の存在が足枷になっている事はよくある。例えば自分が所属している友達グループが性に積極的ではない場合、風俗で働こうという気持ちが強くなっても、その本音を抑えて嘘をついて周りに合わせなくてはいけない。その結果として得ていた可能性のあるお金を失い、多くの人との出会いも諦めなくてはならなくなる。 もし自分だけが行動を起こせば裏切り者としてイジメられる可能性がある。それを皆恐れて一歩を踏み出せないでいる訳だ。そこで考えてみて欲しい、そこまで自分のやりたい事を我慢しなくてはならない程友達は大事な存在なのだろうかと。 本当に友達と言える様な人物なら、あなたがしたいと思った事を応援してくれるのではないだろうか。慣れない業界で働くことに対して、もちろん心配はすると思う。だが、真の友であれば行為自体をやめさせようとはせず、どうすれば上手く行くかと助言をしてくれるはずだ。